着付けに関する情報が満載です!

このサイトでは着付けの習い事をするなら知っておきたい、様々な用語についてご紹介しています。
「引き染め」とは何かをはじめ、「畳紙」や「伊達襟」、さらには「ちりめん」や「道中着」などまで、知っているようで知らないことも多いこれらの特徴を解説しているサイトです。
普段あまり着ないことも多いため、分からないことも多い着物の着方を習うのであればこのような知識を知っておくと役に立つ可能性があるので、参考にしてみてはいかがでしょうか。

着付けの習い事をするなら知っておきたい「引き染め」とは

着付けの習い事をするなら知っておきたい「引き染め」とは 美しい着物に魅力を感じて、習い事で着付けをはじめようと考えている人もいるでしょう。
着物に使われている生地の染色技法には様々なものがありますが、その1つには「引き染め」と呼ばれるものがあります。
一般的な生地を染めるための方法には、浴染法という染料が含まれている液に生地を浸して染めるというものがあります。
しかしそれに対して引き染めは、刷毛を使って染料を布に付けて色を付けるというものです。
色は均一に付けたり部分的にぼかして付けたりすることもあります。
長い生地の両端を引っ張って伸ばし、染色するのも特徴の1つです。
着付けの習い事をしていると、このような引き染めによって染色された着物を扱う機会もあるでしょう。

着付けや染め替えの習い事で知識を付けよう

着付けや染め替えの習い事で知識を付けよう 日本人として生まれてきた以上、民族衣装である着物を上手に着付ける方法は最低限身に付けておきたいところでしょう。
代々伝わる家宝のような着物が箪笥の奥深くに眠っている家庭も多く、辿ってきた歴史や思い入れの深い着物を受け継ぐことだってあり得ます。
そんなとき、何も知識がないままでは格好がつかないので注意しなければなりません。
大切に扱わなければならない着物ですが、長年使用していない状態だとお直しが必要な場合があります。
ほんの少し色褪せている程度なら問題はないですが、見るからに色味が薄まっていて全体的に汚れも目立っているのであれば、思い切って染め替えをしてしまう方がいいかもしれません。
染め替えとは、生地を傷めつけないように特別な薬品を使用して色抜きを行い、引き初めで元の色をできるかぎり再現して染め直す作業のことを言います。
大きなシミなどができている場合にも効果的なお直し方法なので、気になる方は専門店に相談して直してもらいましょう。
また、着物のマナーや着付け方法をしっかりと学びながら、自分である程度の染め替え作業を行えるように指導してくれる習い事の教室も存在しているので、知識を身に付けたい人は積極的に習い事教室に通ってみることをおすすめします。

着付けの習い事の選び方のポイントと月謝について

習い事で着付けを習いたい方は、月謝や内容で選ぶのがポイントです。
趣味で習うのか講師になり仕事として着付けを習うのかで月謝も選ぶ教室のコースも異なります。習い事の一つで人気が高いのは、趣味として楽しみたい方と、仕事にして収入を得たい場合があります。選ぶポイントは相場とかけ離れていないか、何を習得できるのかがポイントです。毎月一万円程度から2万5千円程度まで幅があります。事前に用意するものや、無理がない費用化がポイントです。着物や帯を無理に買わせない教室を選ぶのがポイントになります。口コミをサイトで調べたり、体験教室で講師の質を確認するのが大事です。大人が選ぶ習い事で多いこのサービスですが、どのくらいの期間のコースかとトータルの費用を考えます。月に一万円程度はかかるので、まずは体験教室で自分に合った教室かとレッスンの内容を比較検討するのがポイントです。通いやすい時間帯と場所にあるかが費用以外に重要になります。

着付けは将来きっと役立つおすすめの習い事

女性におすすめの習い事の一つが着付けです。着物には縁がないという方でも、将来冠婚葬祭などで着物を着る機会が何かと出てくるものですが、その時に着物についての知識や経験があれば、他人に頼まず自分で着ることができますし、慌てずに対処することができるでしょう。
着物の着方、他人へ着付ける方法だけ習う習い事ではないかと思っている方もいらっしゃるかもしれませんが、教わることは着物の歴史から日本文化、着物を着ている時の立ち居振る舞いなど多岐にわたります。学校で習う事がなかなかない知識ばかりで、冠婚葬祭のマナーなどに通じる実用的な習い事と言えるでしょう。
着物をきっかけとして日本文化も奥深さに気付くことができ、もっと知りたいという気持ちになる方も多いようです。国際交流の機会も増えてきています。来日する外国の方は日本の文化について興味を持っている方も多くいらっしゃいます。もし日本文化に関する質問があった時にも、習った事が活かせたと思えます。

習い事の着付け教室の正しい良い選び方とは

習い事の中でも着付け教室は人気です。和装というのは憧れる人は多くても、自分で着付けをするのはとても大変ですし、美容院を予約しなくても自分で全てできれば良いのに、と思う人は多いからです。ですが着物の知識もほとんどなく、また気軽に着れる着物も持ち合わせていないような人であれば、どのような教室を習い事として選んだらいいのかも迷うものです。ですから選び方として良いのは、無料体験があることです。
無料体験があれば大体どんなイメージで進んでいくのかもわかりますし、どこでどのような費用がかかってくるのかもわかります。講師との相性も把握することができます。特に気になってくるのが着物を強制的に買わされることがないかということですが、着物を扱っている習い事なため、まったく購入のお誘いがないような教室は珍しいともいえます。なのである程度勧誘を受けても、断りやすいかそうでないかで習い事を決めるようにすると良いでしょう。

作法を学ぶことが出来る着付けの習い事とは

様々な習い事がありますが、日本の伝統文化である着物の着付けは、とても人気のある習い事でもあります。
着付けの習い事では、着物を着ることが出来るようになることの他に、着物を着る時に大切な作法を学ぶことも可能です。和装の時には独特のルールやマナーがあり、最低限知っておくことが必要なことがあります。着物の教室では、このような、着物を着た時の立ち振舞いやマナーを、総合的に学べることも魅力の1つです。歩く時や階段を上り下りする時、手を上げる時やものを拾う時など、美しい所作に見えるように振る舞うことが大事になります。和装の時だけでなく、普段の日常の中でも役に立つ知識を学ぶことが出来ますので、自分を磨くための習い事として作法を習得するのも良いでしょう。訪問先での立ち振舞いや和室での挨拶の仕方などは特に、役に立つ機会が多く、マナーとして知っておくことで、周りから一目置かれ、良い印象を与えることが出来るでしょう。

着付けの習い事を始める時に資格取得を目指す

着付けの習い事を始める方も多く、自宅で着物を着られるようにする以外にも、美容師など、仕事で活かせる職種があります。
指導できる立場にもなりたいときに、目標を持ってレッスンを受けることができるようにするため、資格取得に注目することも大事なポイントです。資格取得に注目することにより、目標を持って頑張ることができるコースを選択して努力できるようになります。習い事に関する情報を集める時に、趣味として楽しめる初心者向けの分かりやすいコース以外にも、仕事で活かせるスキルを身に付けることができるようにサポートができるところもあります。初心者向けのコースでレッスンを受けた後に、次のステップへと進めることもできます。次のステップで、目標を持って頑張ることができるコースを選択することができる点にも注目することをおすすめします。仕事帰りに学ぶことができる着付け教室もあり、一人一人に合った学習の仕方ができる点にも注目です。

おすすめの着付け情報サイト

着付け教室を横浜で検討する

新着情報

◎2021/11/3

情報を追加しました。


>着付けの習い事の選び方のポイントと月謝について
>着付けは将来きっと役立つおすすめの習い事
>習い事の着付け教室の正しい良い選び方とは
>作法を学ぶことが出来る着付けの習い事とは
>着付けの習い事を始める時に資格取得を目指す

◎2021/5/7

着付ける時のポイントとは
の情報を更新しました。

◎2020/12/23

知っておきたい「道中着」とは
の情報を更新しました。

◎2020/10/28

知っておきたい「ちりめん」とは
の情報を更新しました。

◎2020/09/15

サイト公開しました

「習い事 日本」
に関連するツイート
Twitter

返信先:本来最大20日の権利がある普通の有給すら、従業員の為でなく罰金を払いたくないので義務化された5日だけ付与してドヤ顔してる経営者さんばっかのこの国で男性の育休なんて夢のまた夢。有給ないと子供の習い事や通院サポも難しい。日本の少子化最大の癌は給料も休みも出さない経営者連中じゃないかな?

みんなからの匿名質問を募集中! こんな質問に答えてるよ ● 学校以外で直缶するよていありま… ● 太陽にチャレンジbeliev… ● 日本がワールドカップでベスト8… ● 過去に習い事したことは?

みんなからの匿名質問を募集中! こんな質問に答えてるよ ● 幼少時代どんなお子様でしたか?… ● 過去に習い事をしたことは? ● ドラえもんの声で有名な水田わさ… ● 大学に通っている日本の女子大生…

「ケイコとマナブ」なんて 誌名の雑誌があったくらい 日本人は習い事、資格取得が 大好きな国民ですからね(^^) 近年はYou Tubeやコロナの影響もあって 男性は料理などに、 女性はDIYなど向かっていて、 少しずつ役割交換が可能になりつつあるように 思います。 日本、なかなか素敵な国じゃないですか。

学校終わったらフルタイムで働くよりも、 英語環境のパートタイムの仕事 日本の仕事 Upworkの仕事 勉強 習い事 って感じにした方が自分の理想のスタイルに近い気がしてきたなぁ フルタイムだと余白がなくなって日本の会社員生活と変わらん気がして😅